人気ブログランキング |

日々の日記趣味を公開


by naokot63
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2009年 02月 01日 ( 1 )

和菓子職人さん

e0110119_1111124.jpg
 この記事、読まはった人も多いんと違います?
 「絶対行こ!!何々・・・30個限定で個展用に創作したお菓子が抹茶付き¥300でいただけるの!」「はよ、行かんと!!」
 金曜日に行って来ました。40分も前に着いてしもたけど、京町家の「ギャラリーR」。家の前にある「ばったり」に腰掛けさしてもろてぇ・・・・・
 
 30歳にならはるこの職人さん(青山洋子さん)。「老松」に就職しやはって7年。最初の五年は販売担当で、やっと二年前製造を担当さしてもらえたとか。料理学校卒業とかと違って、美術の教師になる大学卒・・・

 小さなギャラリーにお客さんいっぱい!
e0110119_1142121.jpg
着物を着て自らお茶を点てて、「何でも聞いて下さいね、!」と和菓子をコミュニケーションの道具に!と楽しんでおられるのが伝わってくる。

自分の友達をイメージして作られた作品八点が並ぶ。
 お店の陳列棚に並んでるお菓子を見ているだけでも幸せな気分になれるのに、自分のためだけに作ってもらった和菓子なんかプレゼントされたら、どんなに嬉しいやろなあ~
 以前、「もちやさんのブログ」で紹介されたマリンバ奏者の方をイメージしたとか言う、色とりどりのボタンをデザインしたお菓子を思い出しました。e0110119_11193717.jpg
e0110119_1120145.jpg
これは、はっぴのの図柄をおこした、直径20センチ以上はある上用饅頭。中のあんこは色を変えてあって・・・・・

 かなり大きくてインパクトのある作品でした。
昔、「嫁さん饅頭」ゆうて、結婚式の引き菓子によう出たもんですけど、この頃は、てんと見いひんようになってしまいました。
e0110119_11252952.jpg
e0110119_11254432.jpg

 伝統的な感じのするもん、ドレスの形をしたお菓子・・・・・
自由な発想で、貰ってもらう相手の喜ばはる顔を想像して作る。
 ひょっとしたら、貰う方以上に、作る方が、ワクワク楽しいのやろなあ~と思う。

 「一見、敷居が高い和菓子やけど、誰でも楽しめる和菓子の世界を若い世代に触れて欲しい」との思いで開かはった初個展。大成功やったみたいですね(拍手)
e0110119_11441795.jpg
e0110119_11463727.jpg

 左の写真が、作者の青山洋子さんです。
 そして右の写真が、この日の為に作られたお菓子「ほころぶ」です。山芋を使ったきんとん生地で、口の中で溶け、山芋の香りがたつ、甘さ控え目のお菓子でした。
(お茶名「和光」 小山園)
 これからも頑張ってくださいねぇ!!
by naokot63 | 2009-02-01 21:37