日々の日記趣味を公開


by naokot63
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 
e0110119_1357018.jpg
e0110119_13571484.jpg
e0110119_1359229.jpg

 上から順番に、世界遺産「宇治上神社」、世界遺産「平等院 鳳凰堂」、そして宇治川の河川敷工事。
今、宇治の目玉観光スポットが揃って工事中です。新聞にも載ってましたが、観光客の数が3割になってしまったとか・・・・それでなくとも、京都市内の観光地に比べると、いつも閑散としているのに、これは大打撃ですよねぇ。
 そんな折、KBSラジオを聞いてたら、シルバーボランティアがこの事態を打破するべく体験型の新企画をたちあげたとか。
 ちょっと紹介しますね
 ① お茶コース         茶香服体験とお茶席体験
 ② 座禅コース         興聖寺、万福寺での座禅
 ③ 源氏物語コース      源氏物語ミュージアムで学芸員による講演と
総角(あげまき)結び体験

 なんかがあるみたいです。
それぞれ、参加人数や料金が違うみたいですけど、気軽に茶香服なんか教えてもらいたいなあ~なんて思ったりして・・・
 
 お散歩していると、観光客の数、そんなに減った・・・って感じはないんですけどねぇ。かえって、工事中の宇治上神社さんや平等院を見に来たはる方もいるように思われるんですけどね。

 春の「宇治川さくらまつり」も当然ないやろし・・・(桜の木も、工事のため移植されたりしています)
静かな宇治にどうぞいらしてみてください。そして二年後(やったかなあ?)バージョンアップした宇治に「ちょうどええぐらいの」お客さんがみえますように・・・(地元でお商売していないもんの勝手な思いですが、嵐山なんかのように観光化されきった土地にならないように・・・なんて思うのです)
[PR]
by naokot63 | 2013-02-25 14:20

宇治茶100%

 乙女会に話していた宇治茶100%のアンテナショップ。(大量に売ったはる「宇治茶」は他の地方のお茶とブレンドされてると聞きます。)
写真撮ってましたのでアップしますね。
e0110119_14551961.jpg

 場所は、宇治橋から府道を京都側に入った右手にあります。
 宇治田原のいろんな農家さんが直接持ち寄って出したはるお店とのこと。試飲もさしてくれはりますよ。
先日までは、花咲の好きな古老柿が売ってましたが、もうそろそろなくなってるかも。
e0110119_1514742.jpg

店はプレハブ小屋みたいなもんですけど、物腰の柔らかいおじさんが、上手にお茶を淹れてくれはります。
よかったら寄ってみてください。
(と勧めておいて、花咲はまだお茶を買ったことはありません。古老柿ばっかりの常連さんでした(笑))
[PR]
by naokot63 | 2013-02-22 15:08

同世代の寄り合い(笑)

 先日は、久しぶりのISO乙女会。宮川町の「游美」さんへ。
今回は四人の参加でしたが、まー次から次へ話題は尽きず・・・・
「女三人集まれば姦しい」という三人より一人多いんですから、当たり前といえば当たり前の話で・・(笑)

 お料理も「からし菜の和え物」「揚げ海老芋のカニあんかけ」そして、最後のデコポンのぜりー、美味しかったわあ。(豆大根って、あのぐらいのかたさのもんなんかなあ~あれはちょっと食べにくかったけど・・・)

 同じ年代のもの同士、いろんな話が「あぁぁー、そうそう!」とツーカーなのが面白い。

 このごろ、帯留めに興味津々の花咲を知って知らずか・・・・(笑)
凡蔵母さんから帯留めのプレゼント!!年功序列で、最初に選ばせていただき・・・・
e0110119_18164351.jpg


 キレイなブルーの帯留めです。さーて、どの着物にどの帯に・・・・(と言うほどありませんが・・)
次回凡蔵母さんにお会いする時は、是非この帯留めさせてもらいますね。ありがとうございました。
(美味しいドーナツもいただいたのですが・・・・写真を撮る間もなくお腹に収まりました(笑))

 その懐石の最後は「大根飯」だったんですが、つやつやで美味しく、「おしんの大根飯」とは大違い(笑)
そのとき花咲の頭の中には赤い鳥の「竹田の子守唄」の歌詞が・・・・・
そな場で、完璧に思い出せなかったのでここで歌いますね。

 ♪♪~久世の大根飯 吉祥の菜飯  またも竹田のもん葉飯~♪♪

 同世代の皆様、思い出していただけましたでしょうか?
[PR]
by naokot63 | 2013-02-21 18:30
 昨日、孫ちゃんに会いに大阪へ。
娘が忘れていった、孫ちゃんの薄手のお布団を持って、それから・・その日のお昼ごはんにおやつ。娘夫婦の晩御飯、そして明日の娘夫婦の朝のパン。
「アホが見たかったら親をみろ」って聞いたことあるけど、ほんまやなあ・・・(笑)

 孫ちゃんとは3週間ぶりの再会。そんな短い間でも、ずいぶんしっかりしてきて、抱きやすくなり、「あうあう」とよく話すようになり、絵本を読んでやると、じっと見ているし、自分でガラガラを鳴らしてるし・・・・
  天才や!!
 うん?30年ほど前にもそんなことを思ったことが・・・・・
そうそう、自分の子供の時もそんなこと思ってたなぁ~
そやけど・・・・・今は・・・・まあ、それなりに・・・・まあ「ただの人」になってるし・・・(笑)
 とにかく、ずーっと見ていたい孫ちゃんであります。

 昼ごはんの時、娘がお吸い物をつくってくれたんやけど、なんとその中にトマトが入ってる。前もトマトの炊き込みご飯がでてきたことがあった。チャレンジャーである。(笑)
そんな食事の時に娘が「昨日ははりこんで、旦那さんにステーキ作ったげたんえ」って。
 「そうなん。なんかええことでもあったん?」とわたし。
 「〇クンが「この頃〇理奈のご飯作り、上手になってきたなあ!」って褒めてくれはったんえ。うれしかったし、そのお返しにステーキにしたん」
・・・・・はいはい、ご馳走様です。
 なんか、初々しいなあ~
そういえば、花咲の新婚の時、主人が私の実家の母に「この3ヶ月、まだ一度も同じメニューが出てきたことがありません」っと言ってくれたことがあったなあ~
なんか、うれしかったん覚えてるわ。
それから30何年・・・・今は「うん」とも「すん」とも言ってくれへんし、手の込んだ新しいもん作っても「うん?」とか言うだけで黙々と食べるだけ。「おっ、何作ったんや?」とか「珍しいもんやなあ」とか「美味しいなあ」とか・・・・そんなもん・・・・あるわけないわなあ(笑)
 まっ、そやけど、こっちもこっちで・・・・
昨日の花咲家のおかずの予定は、長ネギにお肉を巻きつけて甘辛ダレをからめるってはずやったんやけど、三女が外食でいらんことになったし、そして花咲もこうして長女のとこ行ってて、帰りが遅なるし・・・・肉うどんにヘンシーーーンしてしまいました。(笑)材料も一緒。味も甘辛味で一緒。そやけど、完全に「手抜き」ですわなあ~
 まあ、主人のことばかり言えませんわ。だんだん家族の人数が減ってくると、なんかイマイチ食事作りに身が入らへん。
 ちょっと娘の話聞いて、反省。
「初々しく」はもう無理やけど(いや、そんなこともない!!か?(笑))ちょっとでも長く二人でいられる様、健康食でも考えて・・・・・なんて、「チラッ」と思う花咲であります。(笑)
[PR]
by naokot63 | 2013-02-09 23:36
 散々、下鴨神社で「福」いただいたのに、なんと、「がめつい」と言うか「欲深い」と言うか・・・(笑)
次は吉田神社へ
e0110119_13541458.jpg
やはり、すごーい人、人、人。
人だけでも大変やのに、所狭しと屋台が並び・・・・やっとたどり着きました。
e0110119_13562936.jpg
  










頂上のお社。
ここには、八百万の神々がおわします。
e0110119_13595119.jpg

お伊勢さんでは、もちろん撮影禁止の内宮、外宮も撮影OK!
e0110119_141315.jpg


 「福引付き福豆、そろそろ売切れです!!ここはもう売り切れました。他のところへどうぞ!!」と声を張る神社の方。ほんまに並んでたのに、前で売り切れてしまって、先にお参りを済ますと、そこを出たとこでまだあったので5袋ゲット!!
まだ、一度も当ったことがない。けど、これも縁起もん。
e0110119_1463148.jpg


 さーて、どっちの方へ降りようかと稲荷神社の方へ歩いていくと、運よく鬼に遭遇(笑)
e0110119_1485588.jpg

 後ろからは可愛い童が「♪♪福豆神事はご利益ありますよー♪♪」と囃子ながら吉田神社に向かっていきました。
e0110119_14145068.jpg

 なんか「ラッキー!!」って感じです。
「福引あたるかな?」なんて・・・・また、欲深い花咲でありました(笑う)
(笑う角には福来る!!)
[PR]
by naokot63 | 2013-02-04 14:08
 例年は初詣に行く下鴨神社。今年は珍しく節分が日曜になったので主人と二人でお出かけ。
いいお天気で、上着もいらないほどの暖かさ。

 最初に目に付いたのが
e0110119_115626100.jpg
e0110119_11572112.jpg







 鴨長明の生家である、河合神社で一服。
美人水、下鴨神社で毎年生るカリンと御神水のみで作られてます。ちょっと「たるみ」がましになるかも・・・と期待を抱き・・・(笑)
ここの絵馬は「鏡絵馬」です
e0110119_1223584.jpg

 奉納しんと持って帰りたい気がします(笑) 
 
 花咲にとって、初めての節分祭参加です。
お参りを済ますと、タイミングよく始まりました。
e0110119_1211113.jpge0110119_12113095.jpg







e0110119_12133494.jpg


e0110119_12121718.jpg







まずは、拝殿にお参り。
e0110119_1373797.jpg

そして「射礼の儀」
 射手が弓を鳴らして四方の邪気を払い、最後の鏑矢は楼門の屋根を越えるように放たれました。思わず拍手です。
 次に6人の青年が次々と的に向かって矢を射ります。
e0110119_13144848.jpg

 右下に的がみえるでしょ?あの的の裏には「鬼」(この字ではありませんが)って描かれています。
「鬼」の語源は「隠(オン)」で隠れて見えないものが「鬼」。そやし、下鴨神社の節分祭には鬼は出ないそうです。そう聞くと「なるほど!!」と納得。
 的に当ると「カーン!!」と乾いた音と共に板がわれ、失敗すると「ボスッ」と鈍い音が。心地いい音が聞こえると拍手です。(この板の割れたくずを持ち帰るとご利益があるらしく、儀式が終わると同時に争奪戦です。ノロノロとしていた花咲には当然一つも拾えず・・・・(涙)

 せめて、お豆さんは次女の出産の安産の為ゲットしようと・・・
お祓いを受け
e0110119_13271056.jpg

 いざ!!
e0110119_13281027.jpg

 テレビでは見たことあるけど・・・・ほんま、みんなすごい!!
ビニール傘を開ける者、ビニール袋、帽子・・・・・
ほんまに、取りにくいもんですなあ~
 で、花咲夫婦の成果は
e0110119_13313270.jpg

 神主さんが撒かはった豆はさすがに取りにくく5粒のみ。それでも豆の袋6つに、お餅一袋。
なかなかのもんです。(笑)
お餅の袋の中は
e0110119_13342040.jpg
緑は春の芽生えをあらわし「開運」を、黄は魔退散、安全色「厄除」をいみするらしい。
帰りには護摩木のお焚き上げが行われ 



e0110119_13403473.jpg

婦人部の方が用意してくださった紀州の梅の小枝をもらって
e0110119_13435883.jpg


 いーっぱい、いっぱい「福」いただきました。
ありがとう012.gif

 追記
 たわわちゃんも豆まきに参加したはりました。生たわわちゃん初見!!
e0110119_14174677.jpg

[PR]
by naokot63 | 2013-02-04 12:14