日々の日記趣味を公開


by naokot63
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

こんな殿方もいらっしゃるんやぁ~!

 京都三大祭の一つ、「時代祭り」も終わり、10月も後わずかになりました。

 この季節、日中はチョット歩けばまだ汗ばむし、朝夕は寒い。
お出かけするときは「何着よう・・・!?」と、そう多くない洋服の中でも、迷ってしまいます。

 先日、娘と買い物に行ったとき、「お母さん、たまには、こんな服着たら?」と選んでくれたのが、今流行のケープみたいな上着と、丈の短いパンツ。
 「50半ば過ぎのおばさんが、着られるかぁ・・・・?」などと言いながらも、少しウキウキとして買ってしまいました。

 ショート丈のブーツとあわせて、「ナウイ」(古!!(笑))格好で、早速お出かけ!
 公共機関、京都地下鉄終点、「国際会議場」で降り、颯爽と歩いてる花咲に、後ろから男性の声が・・・・!
 「襟が立ってますよ!!」
 振り向けば、私と同年代って感じの紳士。
 「あっ、どうも・・・」
と言って、思わず襟を直しましたが・・・・・
 一緒に行った、義妹が
「いや、ゴメン!オシャレで襟立ててたんやと思てたぁー。もっとはよ注意したげたら良かったなあ」って
 そうそう、その通り!!私は、わざと、襟を立ててたんやけど、折角好意で、注意してくれはったのに、
「これはオシャレで立ててるんです!!」なんて説明するのも、なんやしねぇ・・・・

 この頃、裏に付いてたタグが表についてたり、まるで裏向け着たはるのかと思う縫い目が表に出てるもの、道路を掃いてる裾の長いズボン・・・・例を挙げたら数え切れへんぐらいいろんな格好して歩いたはる。
 そんな時代。よう注意してくれはったなあ~それも年配のおばさんが言わはるんやったらわかるんやけど・・・
 同年代のうちの主人なんか、私が何を着てようが、うっかり電線いかしたストッキングはいてようと、髪の毛がはねていようが・・・・それこそ、襟を立てようが立てまいが気が付かへんのに・・・・!
 この方の奥さん、いつもチェックが入るんやろか・・・?「そこのボタン掛けなさい」「襟直しなさい」「口紅なおしなさい」・・・・とか。
 なんにも気付いてくれへんのも、なんやけど・・・・いちいち言われるのも・・・なんやなあ~なんて勝手なこと思ったりし・・・・

 帰りの道は、ちゃんと襟を正して帰った花咲でありました。(笑)

 そうそう、なんで、義妹とお出かけしたかと言うと・・・・・・続く
[PR]
by naokot63 | 2009-10-23 09:36