日々の日記趣味を公開


by naokot63
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

秋の夜長に・・・・①

e0110119_14561080.jpg
 十五夜の月、十六夜の月・・・・・今年はよう見えましたねぇ。済んだ空高く、くっきりはっきりしたお月さん。
 昔から思てたんですけど・・・・「月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月」なんていうけど、天高く、天遠く、中秋の名月は「小さい」。イメージは大きな月の中にススキと団子が描かれてるイラストのイメージなんやけど・・・
 まあそんなことはさておき、
皆さんはお団子作って、ススキ飾って、お月見しはりましたか?今年はラジオで、団子の作り方(白玉粉7団子粉3の割合)と、飾る団子の数が決まってるってことを耳にし、「ほないっぺん、正式に!」と思い、作ってみました。あんこがないし、ちょっとたよりないんですけど、お団子自体にお砂糖を入れて美味しくいただきました。

 だんだん、日の暮れるのがはようなってきましたねぇ。
「学問の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」・・・・・・・そして秋の夜長にぴったりなんが
  読書の秋!!

 まあ花咲にとっては、夜が長かろうと短かろうと、関係なく、ベッドのお供は「本」。ジャンルは問いません。
面白い本は「その次は、その次は・・・」って読み進んでしまい寝不足に。そうでもない本はいい睡眠導入剤に。
 東野圭吾の「白夜行」と「幻夜」二回目、読み終えました。
花咲の悪いクセっと言うか、なんと言うか・・・・・結構小説に入り込み、空想が広がる。
そんなんもあって、幻夜の最後のほう、(絶対、残酷な方法で殺されたはる!)って思わすところを読んで寝た日。
 夢見も悪く、睡眠が浅くなった明け方近く、ふーっと薄目を開けると主人がベッド脇に立って俯いて小さい円を描きながら足踏みをしてる。
 さては、夢遊病にでもなったんか!?
 とドキリ!!
 「どーしたん!!?」と私。
 「何言うてるんや!トイレに行くのに、スリッパ探してたんやがな!」と主人。
 アハッ、そうでしたか。ゆっくり行ってきてくださいませ!
 
 友達の悩みなんかを聞いても一緒に悩んでしまう花咲、小説にで影響されてしまって・・・・困ったもんです。
で、こんな花咲もきっと、いい夢をみられそうな、ほんわか、ええ気持ちにさしてくれそうな本。ご紹介します!!
                                      ②に続く
[PR]
by naokot63 | 2009-10-05 15:47